多言語話者の海外移住日記

変化を好み移住をくりかえす5か国語話者です。母国日本も大好き。現在は台湾。

台湾の空気が想像以上に汚染されている件:現地リポート

昨日の続きです。昨日に続き、今日の台湾。

1月11日です。さらに空気が濁り、視界が悪くなりました。その様子を現地リポート。

まず今日の午後は昨日より視界が悪くなる。天気は晴れのち曇り。

f:id:nanapupst:20190112023303j:plain

夜にかけてどんどんモクモクしてくる。

 

f:id:nanapupst:20190112024143j:plain

夜中の1時ごろ。まだかすかに下の駐車場の車が手前だけ見えます。

f:id:nanapupst:20190112024224j:plain

さらにその30分後。

f:id:nanapupst:20190112024211j:plain

さらに下の車が見えなくなっているの、わかりますか?

空気がまだなしな時はこんな風に見えます。(決してよくはない)

f:id:nanapupst:20190112120702j:plain

外に出てみた。

大量のカスが空気中に渦巻いている!

これは・・・近くで火事でも起きたのか!?と思うぐらいにゴミが散っています。

あながち間違っていないかもしれなくて、台湾では台湾式の道教?(と彼らは言う)を深く信仰している人が多く、お祈りなどでよく紙を燃やすんですね。

農歴の新年が近いことからそれが一層加速しているのではないかと・・。

とはいえ、ここまで全体的に街がスモークに覆われるのはもちろんそれだけではないと思いますが・・・。


 1月12日朝。夜中に風も出ていたので、マシになっている気がします。でも山は見えない。ほんとは大きな山が奥にあります。

f:id:nanapupst:20190112113826j:plain

 よく見たら、向こうがわからモクモクと煙がたちこめています。

この写真を編集して少しはっきりさせてみました。

f:id:nanapupst:20190112114901j:plain

朝からひっきりなしに出ている大量の煙。これか・・。

新年に向けて人々の製造や消費が加速しているんでしょうね。

 

台湾の電気代はお安いです。空気汚染対策をしながらエネルギーを供給するには、きっとこんなに安くはいかない。そのために環境問題が犠牲になってるのかな~・・とか。

昨日、温暖化のせいで色々な生態系に問題が出てきており、渡り鳥が海を渡らずに留まって定住している鳥を殺して食べ、巣を奪っている・・などのニュースを読みました。

地球の生態は人間が完全に変えてしまったのに、人間至上主義世界を作り上げて利己の追求しか顧みない。

空気汚染が発生すれば人間は空気洗浄機を買って部屋にこもればいいけれど、鳥は?動物は?その空気を吸うしかない。逃げ場もない。これからも大気汚染は加速するでしょう。先進国の人間はもっと関心を持つべきだと思う。:(ホモ・デウス)

そんなことを考えさせられる今回のスモークでした。

まいにち空気洗浄機の隣で眠る人間。(私)

f:id:nanapupst:20190112120402j:plain

下次见!