多言語話者の海外移住日記

変化を好み移住をくりかえす5か国語話者です。母国日本も大好き。現在は台湾。

VRをやってみた体験

キズナアイのようなバーチャルユーチューバーが話題となっている現代の日本。

今日何気なくテレビを見ていたら、VRのキャラクターに恋をした男性が出演していました。2次元に恋。すでに目新しい話ではありませんね。

実は日本帰国中に、VR(バーチャルリアリティー)を使ったお仕事をさせてもらいました。

たまたまある会社でVRの女の子を使って、インターネット生配信でおしゃべりをする企画を募集をしていたので、一度やってみたく応募したらあっさり決まりました。

私の役目はあの重々しいゴーグルをかぶり、両手にリモコンをもって操作し、2次元の仮想世界である女の子になりきって会話すること。

会社に行って若い男性社員3人と軽く打ち合わせたあと、実際に装置を付けてレクチャーを受けました。(さすがITのベンチャーは皆若い!)

ゴーグルはけっこう重くて、長時間したままだと首が痛くなったり凝ったりする可能性もあると言われましたが、結果的に私は最後まで大丈夫でした。うん、でも軽くはないな。

今回私が紛した女の子はおめめぱっちりでカワイイ、でも服装はちょっとSっぽく、ミニスカに黒の網タイツとかを着用していました。両手に持った2つのリモコンで腕の動きをコントロールできた他、顔の表情を変えたりもできました。

さらに、カメラの位置を変えたり、アイテムを出したり、背景を変えたり色々な仕掛けもリモコンで操作できる!

足を同化させることこそできなかったものの、顔、身体、腕は私が動いた通りに女の子も動く!すごーい!!

予定時間は1時間。

初お目見えの女の子の生配信、いざスタート。

お客さん来るかな、どきどき。有料の生配信だったので来てくれるか不安でした。。。が。

 

結果、かなりたくさん来てくれた~!

 

私とは似ても似つかない可愛い女の子が私の声で話している!私だけど私じゃない!すごい体験です!

バーチャルユーチューバーってこんな感じなのかぁ。

自分の得意分野であるマルチリンガルを生かし、どんな言葉でもつかえるようにプログラムされてるという強気な設定も取り入れました。結果、実は人間ではなくAIじゃないかと信じた人がいて大成功。

その他にもアイテムの黒板を使ってお絵かきをして遊んだりもしました。初音ミクのように歌ってみたりとかも。

・・・良いことばかりではなく、頑張って標準語でしゃべってたけど関西出身だとバレたり、女の子の設定が20歳前後だったのですが、会話から実はもっとおばさんだと悟られたりとか。。。 

まあそれも人間らしさが出たということで、無事楽しく終了できました。

そしてびっくり仰天したのが
VRの女の子になりきった1時間は今までの人生で一番稼いだ1時間になったこと!何のスキルも使わず、ちょっと会話の相手しただけで1時間〇万円て・・・。不屈にも今までやった様々な仕事なんだったのかと思ってしまった。かなりのスキルが必要な通訳の1時間より稼げたんですけど!生身のスキル付き女性より2次元の女の子の方がレベル上なの?そういうこと?VR生配信ってすごいビジネスだ・・。技術もすごい。

 

ちなみにこの話をドイツ人にしたら、信じられないと爆笑。

「ニホンジンはアニメの女の子との会話にお金を払うのか?ありえない感覚だ」と。

さらにIT業界にいるこのドイツ人、「VR買って自宅で生配信しなよ、サポートするよ」とお金に目がくらんでおりましたよ。人間らしいですね。

でも世の中、生配信やブログ、特技など自ら発信したり売り込んだりすることで、つまり個人事業でお金を稼ぐ時代に変化しているんだなとはっきりと実感する体験となりました。

 

おやすみなさい!