NANAKOの海外移住日記

変化を好み移住をくりかえす5か国語話者です。母国日本も大好き。現在は台湾。

名前の文化比較

日本人の名前って他国に比べ、苗字も名前もものすごい種類が豊富だなと感じます。漢字と読み方が違ったりするからもっと多種多様になるのかもしれないけど、名前を大事にしている印象がある。

生まれた赤ちゃんの名前に長い間悩む両親も多いだろうし、「一生使っていく名前だから」と画数などを考慮したり「縁起のいい名前」を占い師のような人に決めてもらうといった人もいます。

少し前にはキラキラネームというその名の通りキラキラ系の名前が話題になり賛否両論もありましたが、これも「子供に唯一無二の特別な名前をつけたい」という親心の表れでしょう。

いっぽう台湾人は名前をよく変更する傾向があります。台湾で名前の変更は簡単にできるシステムになっており、名前変更の申請をして証明書を持って行けば銀行や各カード会社も1日で対応してくれるんだそう。

以前名前を変えた友達になぜかと尋ねたら「前の名前の響きが嫌いだから」だそうです。せっかく親からもらった名前なのに!
最近も一人の友だちが名前を変えました。その理由が母親が「前の名前は縁起が悪いらしい」と心配して変えることを提案したのだそう。彼女自身ももともとの名前は気に入ってなかったそうで承諾したのですが、その名前の決め方がまた「占い師に見てもらって結婚運の出る名前に変更した」そうなのです。(友達は未婚)

ええええ?お母さん、娘が生まれたときアナタ自身が名前決めたんでしょ?今更縁起が悪いとかって変えるとかアリ!?

ってつっこみたいですが、台湾でそれはなんら普通なようなのです。私は友達としてこれからなんと呼べばいいのかちょっと戸惑いますが・・・。

台湾人や中国人は、名前が発音できない外国人に呼んでもらう用に勝手に英語名も持っているのでそちらで呼べばいいのでしょうが。ちょっと違和感を感じます。

 

名前だけでなく苗字も、中国語は日本語に比べて少ない印象があります。私の友だちにもやたらと「張」とか「葉」とか「李」とか「王」さんがいますが、だいたい苗字が一文字だからバラエティーが少ないのか?

おとなりの韓国はもっと豪快で、クラス名簿の半分ぐらいはいつも「金」で埋まっていますよね。だから韓国や中国は名前を呼ぶときにフルネームで呼ぶ人が多いのでしょうね。名前が被りすぎているんだろう。

日本の名前はずば抜けてバラエティーに富んでいると思います。

 

さらに中華系マレーシア人でいえば、彼らは中国語の名前なのですが漢字を持っていません。
パスポートや身分証はローマ字表記。しかも中国語のピンインにはない表記も多い。マレーシアは首都クアラルンプールでは広東語、ペナン島では福建語といった方言が主に使われているので、方言の発音を無理やりローマ字表記したものかもしれません。

たとえば「thor choon wei」。正しい中国語のピンインで書けば「tu jun wei」になりますがそんなものはおかまいなし。そして面白いことに、学校の名簿などは漢字が使われるのです。

つまりみんな思い付きで好きな漢字を名前に当てているのです。たとえば上記の例では「君威(junwei)」と書いてもいいし「俊伟(junwei)」でもいいし「骏威(junwei)」でもいい。読み方は同じ。発音さえ同じならどの漢字を書いてもいいらしいのです。

超てきとー!!!!!

 

さらにインドネシアになると苗字を持っていない人もいます。苗字あってもなくてもオッケー。まじか!日本人なら天皇家だけなのに、苗字持ってない人!パスポート見せてもらったら本当にサラッと名前が一つ書いてあるだけ。例えば「Hendri」のみ。

そんなん明らかにめっちゃ被るでしょ!インドネシアは中華系でも皆インドネシア語の名前を持たなければならないので、だいたいインドネシア語と中国語の2種類の名前を持っています。(正式なのはインドネシア語のほう)ああ、色々ややこしい。

 

欧米はどうなのでしょうか?

欧米人に「あなたの名前はどういう意味があるの?」と聞いてみましょう。不思議な顔されるから。

「え?名前に意味とかあるもんなの?」といった感じです。

両親に聞いても、なぜ子供にその名前をつけたかよくわからない、という人がかなり多いです。あまり名前にはこだわっていない様子。そんなドイツで仮に「名づけの本」なんか出ても誰も買わないだろうなぁと思う。

近年はドイツでも「シャーロット」とか「ヘンリー」といったアメリカやイギリス系の名前が多くなってきて、伝統的なドイツの名前は減ってきているようですがそれも傾向の話で、とにかくあまり名づけにはこだわっていない。

もちろん「アンナ」とか「レナ」とか「ユリア」とかありふれたものはわんさか同じ名前の人がいる。

たまに「唯一無二の名前にしたい」といって変わった名前を付ける親もいますが、「で、それはどういう意味?」と聞いても「なんとなく誰もいないと思ったから」みたいな答えが返ってきました。ちなみにその人の子供の名前は「マツ」君。日本の木をイメージしたわけではないそうです。

 

私は名前ってそれなりに大事だなと思うし、私の本名も両親が一生懸命考えてくれた素敵な名前なので満足していますが、それも日本ならではの話。海外に出ていくと名前にまつわるいい話、なんてものはとくに存在しないことに毎回気づかされるのです。

ちなみに私が誰かの名前をつけるとしたら確実に「世界中の人が問題なく発音できる名前」を考えますね。「R」とか絶対入れません。ふふふ。変ですか?